• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • JPN会員紹介
  • 活動紹介
  • 分科会活動紹介
  • 日比NGOシンポジウム
  • 対比国別援助計画フォローアップ活動
  • 日比NGO協働基金構想/提言
  • JPN出版物の紹介
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援

フィリピン台風21号関連記事リスト

【緊急支援】ミンダナオ島を襲ったフィリピン台風21号(センドン)被災者支援活動を開始
ミンダナオ島を襲ったフィリピン台風21号(センドン)被災者支援活動を開始
ご支援をお願いします


 日本とフィリピンのNGOの協働推進に取り組む「日比NGOネットワーク(JPN)」(事務局:(特活)アジア・コミュニティ・センター21、東京都)は、「比日NGOパートナーシップ(PJP:Philippines-Japan NGO Partnership)」(事務局:CODE-NGO、マニラ市)からの要請を受けて、フィリピン台風21号被災者支援のための募金活動を開始しました。
 台風21号の被災地であるミンダナオからは、2011年3月11日の東日本大震災に際してPJPを通して寄付が届けられ、日本のNGO団体による復興支援活動に役立てられています。


■台風21号の被害状況
 台風21号(フィリピン名:センドン、アジア名:ワシ)は12月16日午後4時、ミンダナオ島北東に上陸し、ミンダナオ島を横断しました。鉄砲水、土砂崩れ、洪水が発生し、多数の死傷者や避難民を出し、大きな被害を生んでいます。「フィリピン国家災害リスク災害管理委員会」発表(2011年12月19日正午)によると、死者数632人、行方不明者数82人(18日朝日新聞によると800人以上(フィリピン赤十字))、総被災者数142,961人(26,928世帯)、被災家屋6,917軒(半壊・全壊含む)、被災地域はミンダナオ島の5州とネグロス島やセブ島、ボホール島の計32都市におよんでいます。とくにイリガン市、カガヤン・デ・オロ市の被害は深刻です。台風は深夜にミンダナオ島を横断ししたため、避難せずに自宅で寝ていた人が台風に襲われ、逃げ遅れて犠牲者が増えたもようです。
 フィリピン国軍やフィリピン赤十字、社会福祉開発省では、行方不明者の捜索活動や物資配布を行っています。しかし、それら政府による支援は主に市内の避難所にいる人々を対象としており、市の中心から離れた地域の半壊した家や、避難所に入らずに近隣の家に避難している人への支援が不足している状況です。クリスマスを前に、家もプレゼントも流され、子どもたちは悲しみにくれています。


■支援活動の概要
 「日比NGOネットワーク(JPN)」では、現地カウンターパートナー団体との強い協力関係を生かし、フィリピン台風21号被災者支援のための募金活動を開始します。お寄せいただいた寄付金は、現地NGO団体「バライ・ミンダナオ財団」(Balay Mindanaw Foundation, Inc)を通して、政府による支援から取り残された被災者に届けられます。
【対象】
カガヤン・デ・オロ市とその近隣地域、ミサミス・オリエンタル州の被災者457世帯
【支援内容】
食糧、飲料水、衣服、生活用品の提供
※支援活動の結果は追ってご報告いたします


■ご寄付のお振込み方法
下記口座にお振込みをお願いいたします。12月26日(月)までにお振込みいただいたご寄付は、27日(火)に現地団体に送金しました。
(2012年1月末まで寄付を受け付けます)
<振込口座>
 ◎緊急支援口座
 みずほ銀行 駒込支店    口座番号:0559-1126638
 口座名:ACC21緊急復興支援 (エーシーシーニジユウイチキンキユウフツコウシエン)

注:20%(現地との連絡調整活動費、海外送金手数料、国際通信費を含む)を目安に事務局活動費に充当させていただきます。

※ お振込の履歴からはご連絡の情報を得ることができませんので、お名前、ご住所、お電話番号をACC21までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
電話:03-3945-2615 Fax:03-3945-2692  メールアドレス:jpn@acc21.org

【台風21号について】
台風21号は、15日午前10時頃にフィリピンの領域に入り、午後にはミンダナオ島北東部に接近。その後、同午後10時頃にはミンダナオ島北東部、東ビサヤス地域(セブ島やボホール島など)で降雨が始まりました。ゆっくりとしたスピードで台風は進み、16日午後4時にはミンダナオ島北東部の町ヒナトゥアン(北スリガオ州、カラガ地域)に上陸し、同午後10時頃、ミンダナオ島中央部のバライバライ市(ブキッドノン州)に入りました。台風はそのままミンダナオ島を横断し、スールー海に抜け、18日午前4時パラワン諸島に再上陸。18日午後にはフィリピンの領域を抜け、南シナ海を西に進みました。

【情報源】

【日比NGOネットワークについて】
日比NGOネットワーク(JPN)はフィリピンに関わる国際協力を行う20団体で構成されています。
ウェブサイト:http://jphilnet.org/about/

【問合せ先】
日比NGOネットワーク事務局(西島、酒井)
(特活)アジア・コミュニティ・センター21内
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
TEL: 03-3945-2615    FAX: 03-3945-2692
E-mail: jpn@acc21.org   関連ウェブサイト(ACC21内):http://acc21.org/asianow/21.html

【緊急支援】フィリピン台風21号被災者支援 12月21日 現地NGO活動情報
ミンダナオ島を襲ったフィリピン台風21号(センドン)被災者へのご支援をお願いします


 日本とフィリピンのNGOの協働推進に取り組む「日比NGOネットワーク(JPN)」(事務局:(特活)アジア・コミュニティ・センター21、東京都)は、「比日NGOパートナーシップ(PJP:Philippines-Japan NGO Partnership)」(事務局:CODE-NGO、マニラ市)からの要請を受けて、フィリピン台風21号被災者支援のための募金活動を実施しています。 みなさまのご協力をよろしくお願いします。
⇒募金の振込先はこちら
 2011年3月11日の東日本震災の際には、台風21号の被災地であるミンダナオ島の人々からもJPNを通して寄付金が届けられました。今回の募金キャンペーンを通して、少しでも恩返しをできたらと考えております。


■12月21日時点の被害状況
 12月20日、甚大な被害が出たことを受けてアキノ大統領は「国家災害」を宣言し、同日の夜には特に被害の大きかったカガヤン・デ・オロ市、イリガン市を訪問しました。
 12月21日に「フィリピン国家災害リスク災害管理委員会」が発表した情報によると、フィリピン・ミンダナオ島を直撃した台風21号による死者数は976人、負傷者数は1,603人、行方不明者数は46人、総被災者数は276,400人(49,441世帯)にのぼります。(12月21日午前5時発表)

カガヤン・デ・オロ市(バルラン・バランガイ)の被害
カガヤン・デ・オロ市(バルラン・バランガイ)の被害の様子(12月17日Froilan Gallardo氏撮影。MindaNews
イリガン市のマンドゥロッグ川の氾濫
イリガン市のマンドゥロッグ川の氾濫 (12月19日PO1 Marc Claro(イリガン市警察官)による撮影。MindaNews

■支援活動の状況
 JPNでは、現地NGO団体「バライ・ミンダナオ財団」(Balay Mindanaw Foundation, Inc)を通して、政府による支援から取り残された被災者への支援を行います。

【12月20日 午前10時までのバライ・ミンダナオ財団の活動状況】
 19日午後までに、オポール市バラ・バランガイ*、カガヤン・デ・オロ市バルア・バランガイの計140世帯に、各400フィリピン・ペソ(約800円)相当のお米や飲料水などを配布しました。
 *バランガイは、フィリピン国家の最小単位の行政区。地域住民から選ばれたバランガイ・キャプテン(区長)が置かれている。
 20日午前10時の時点で、257箱の緊急物資パックを準備し、ブルア・バランガイとイノパン・バランガイへの配布を予定しています。地方行政や国軍、NGOとの連携を図り、配布物資の確保にあたり、20日中に4つのバランガイにおいて計762世帯に物資を配布する予定です。


【今後の活動の予定】
 カガヤン・デ・オロ市のカトリック教会司教館において、19日午後、支援関係者による災害コーディネーション会合を実施しました。この会合によって、関係団体の役割分担が明確となり、支援物資の配布システムが明確となりました。
 バライ・ミンダナオ財団は、カガヤン・デ・オロ市の5つのバランガイ(ブルア、イノパン、カニトアン、ボンボン、カウスワガン)の少なくとも3,543被災世帯を支援することになりました。他の26バランガイへの支援は、他団体によって実施される予定です。
 この決定を受け、バライ・ミンダナオ財団では、上記5つのバランガイにおいて、4,000世帯(約21,000人)への飲料水や食料の配布を予定しています。現時点では各世帯に、400ペソ(約800円)相当の物資の配布を予定しています。

◎予定配布物資:
 (1世帯あたり)米 5キログラム、ゆで卵 6個、缶づめ 6缶、飲料水3リットル

救援物資配布
カガヤン・デ・オロ市近郊のオポール市バランガイ・バラにおける救援物資配布の様子(12月19日)


■ご寄付のお振込み方法
下記口座にお振込みをお願いいたします。12月25日(日)までにお振込みいただいたご寄付は、26日(月)に現地団体に送金いたします。
<振込口座>
 ◎緊急支援口座
 みずほ銀行 駒込支店    口座番号:0559-1126638
 口座名:ACC21緊急復興支援 (エーシーシーニジユウイチキンキユウフツコウシエン)

注:20%(現地との連絡調整活動費、海外送金手数料、国際通信費を含む)を目安に事務局活動費に充当させていただきます。
※ お振込の履歴からはご連絡の情報を得ることができませんので、お名前、ご住所、お電話番号をACC21までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
電話:03-3945-2615 Fax:03-3945-2692  メールアドレス:jpn@acc21.org

【台風21号について】
台風21号は、15日午前10時頃にフィリピンの領域に入り、午後にはミンダナオ島北東部に接近。その後、同午後10時頃にはミンダナオ島北東部、東ビサヤス地域(セブ島やボホール島など)で降雨が始まりました。ゆっくりとしたスピードで台風は進み、16日午後4時にはミンダナオ島北東部の町ヒナトゥアン(北スリガオ州、カラガ地域)に上陸し、同午後10時頃、ミンダナオ島中央部のバライバライ市(ブキッドノン州)に入りました。台風はそのままミンダナオ島を横断し、スールー海に抜け、18日午前4時パラワン諸島に再上陸。18日午後にはフィリピンの領域を抜け、南シナ海を西に進みました。

【情報源】

【日比NGOネットワークについて】
日比NGOネットワーク(JPN)はフィリピンに関わる国際協力を行う20団体で構成されています。
ウェブサイト:http://jphilnet.org/about/

【問合せ先】
日比NGOネットワーク事務局(西島、酒井)
(特活)アジア・コミュニティ・センター21内
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
TEL: 03-3945-2615    FAX: 03-3945-2692
E-mail: jpn@acc21.org   関連ウェブサイト(ACC21内):http://acc21.org/asianow/21.html

【緊急支援】フィリピン台風21号被災者支援 バライ・ミンダナオ財団へ第1弾送金完了
【緊急支援】フィリピン台風21号被災者支援 

バライ・ミンダナオ財団へ第1弾 送金完了


 12月27日午前10時までに194,000円の寄付を頂きました。銀行振り込み手数料や通信費、連絡調整費などを除いた180,000円を、第1弾として、バライ・ミンダナオ財団に送金しました。沢山のご協力に感謝申し上げます。

 現地では、町はいまでも泥や瓦礫が散在し、食料・食料以外の物資、心身のケア、住宅の確保など、長期的な支援が必要とのことです。引き続き、寄付を受け付けております。

■12月28日 現地活動状況の最新レポート
 バライ・ミンダナオ財団では、食料以外の支援物資が必要であるとの情報を得たため、食料が不足している地域を除いて、食料以外の物資の配布に移行しました。配布物資は、歯ブラシ、歯磨き粉、石鹸、サンダル、下着、生理用品など、400フィリピンペソ(約800円)相当です。また、被災者の心のケアとシェルター(仮住まい)の確保のための活動の開始も予定しています。ザビエル大学(アテネオ・デ・カガヤン大学)は被災者に5ヘクタールの土地を提供することを決めたとのことです。

 12月28日、毛布89枚、洋服89セット、飲み水268本、ビスケット15箱を食料が必要としている地域(バランガイ・イポナン)で配布しました。28日午後は、さらに飲み水153本、洋服51セット、ビスケット15箱を異なる地域(バランガイ・ブルア)に配布する予定です。

 また、バライ・ミンダナオ財団には多くのボランティアが集まっているとのことですが、クリスマスにあたってボランティアは帰宅していました。クリスマスを過ぎた今、ボランティアたちは再び集まり、支援活動に携わっているとのことです。バライ・ミンダナオ財団の報告には「昨日(12月27日)は天候不順にも関わらず、多くのボランティアが集まってくれました。世界には本当に多くの良心と寛大な気持ちがあるものです」と驚きと感謝が述べられています。

バライ・ミンダナオ財団のホームページでは最新の活動状況の報告が掲載されています。
(英語のみ)http://www.balaymindanaw.org/


 ◆日本とフィリピンのNGOの協働推進に取り組む「日比NGOネットワーク(JPN)」(事務局:(特活)アジア・コミュニティ・センター21、東京都)は、「比日NGOパートナーシップ(PJP:Philippines-Japan NGO Partnership)」(事務局:CODE-NGO、マニラ市)からの要請を受けて、フィリピン台風21号被災者支援のための募金活動を実施しています。 みなさまのご協力をよろしくお願いします。

 2011年3月11日の東日本震災の際には、台風21号の被災地であるミンダナオ島の人々からもJPNを通して寄付金が届けられました。今回の募金キャンペーンを通して、少しでも恩返しをできたらと考えております。



■ご寄付のお振込み方法
下記口座にお振込みをお願いいたします。12月25日(日)までにお振込みいただいたご寄付は、26日(月)に現地団体に送金いたします。
<振込口座>
 ◎緊急支援口座
 みずほ銀行 駒込支店    口座番号:0559-1126638
 口座名:ACC21緊急復興支援 (エーシーシーニジユウイチキンキユウフツコウシエン)

注:20%(現地との連絡調整活動費、海外送金手数料、国際通信費を含む)を目安に事務局活動費に充当させていただきます。
※ お振込の履歴からはご連絡の情報を得ることができませんので、お名前、ご住所、お電話番号をACC21までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
電話:03-3945-2615 Fax:03-3945-2692  メールアドレス:jpn@acc21.org

【問合せ先】
日比NGOネットワーク事務局(西島、酒井)
(特活)アジア・コミュニティ・センター21内
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
TEL: 03-3945-2615    FAX: 03-3945-2692
E-mail: jpn@acc21.org   関連ウェブサイト(ACC21内):http://acc21.org/asianow/21.html

【緊急支援】フィリピン台風21号被災者支援 第2弾送金完了(募金は終了しました)
【緊急支援】フィリピン台風21号被災者支援 

バライ・ミンダナオ財団へ第2弾 送金完了


 「日比NGOネットワーク(JPN)」(事務局:ACC21)は、発生直後にフィリピン側カウンターパートの「比日NGOパートナーシップ(PJP)」から支援要請を受け、被災者支援のための募金活動を行い、合計で372,000円の寄付金が集まりました。募金の呼びかけ、ご寄付などご協力いただいた皆さま、どうもありがとうございました。

 寄付総額372,000円のうち、第1回目として2011年12月27日に180,000円*を、第2回目として2012年2月2日に165,000円*を、現地NGO団体「バライ・ミンダナオ財団」(Balay Mindanaw Foundation,Inc 事務局所在地:カガヤン・デ・オロ市)に送金しました。これをもちまして、募金活動は終了といたしました。
(*銀行振り込み手数料、通信費、連絡調整費などを除いた金額)

 バライ・ミンダナオ財団の活動は、緊急支援活動から復旧・復興プログラムに移行し、他のNGOや企業と協力して、カガヤン・デ・オロ市周辺の被災した5地域とテント村**3ヶ所で、引き続き支援活動を行っています。被災地域での支援活動は、日用品(下着やサンダルなど)や学用品の配布、一部損壊した住宅の修理キットの提供のほか、避難テントではトイレや水道などのインフラ整備、適切なゴミ処理方法についての住民との会合などを実施しています。ほかに、マッサージや子どもたちへの手品ショーなどを行い、被災者への心のケア活動にも取り組んでいます。

**Disaster Aid Internationalによって仮設テントが準備され、バライ・ミンダナオ財団の協力のもと、3ヶ所、計約100世帯に配布された。 
バライ・ミンダナオ財団のホームページでは最新の活動状況の報告が掲載されています。
(英語のみ)http://www.balaymindanaw.org/


 ◆日本とフィリピンのNGOの協働推進に取り組む「日比NGOネットワーク(JPN)」(事務局:(特活)アジア・コミュニティ・センター21、東京都)は、「比日NGOパートナーシップ(PJP:Philippines-Japan NGO Partnership)」(事務局:CODE-NGO、マニラ市)からの要請を受けて、フィリピン台風21号被災者支援のための募金活動を実施しています。 みなさまのご協力をよろしくお願いします。

 2011年3月11日の東日本震災の際には、台風21号の被災地であるミンダナオ島の人々からもJPNを通して寄付金が届けられました。今回の募金キャンペーンを通して、少しでも恩返しをできたらと考えております。