• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > JPNニュース > 尾本恵市・東京大学名誉教授が上智大学で講演を行いました

尾本恵市・東京大学名誉教授が上智大学で講演を行いました

2018年01月10日

尾本恵市・東京大学名誉教授が上智大学で講演を行いました。
テーマ:フィリピンの先住民族と人権

chirashi_small.jpg
画像をクリックすると、PDFが開きます。

 尾本恵市・東京大学名誉教授・国際日本文化センター名誉教授は、上智大学で2017年12月19日(火)に「フィリピンの先住民族と人権」について講演をいたしました。上智大学の学生約150名が参加をしました。この講演は、田中治彦・上智大学総合人間学部教育学科教授と日比NGOネットワークなど多くの関係者の協力で開催されました。

 尾本名誉教授はフィリピン先住民に関する研究で国際的に注目をされています。そして、フィリピンの先住民が置かれている現状と人権について、幅広い観点から示唆に富むご講演をいたしました。田中治彦教授は、開発教育の分野でも多くの業績があり、「持続可能な開発目標(SDGs)」についても深い知見を持たれ、大学でも教えておられます。

 国連で2015年9月25日に採択(第70回国連総会)された持続可能な開発目標(正式名称:持続可能な開発のためのアジェンダ2030、英語名:Transforming Our World, The 2030 Agenda for Sustainable Development(通称:SDGs)の中でも、取り組むべき課題および目指すべき世界像として、「人権の保護」と「人権、民族および文化的多様性が尊重された世界」が謳われています。

 上記の観点で尾本名誉教授が講演をされましたことは、国際的な観点と潮流においても大変に有意義です。尾本名誉教授および田中教授をはじめ、多くの関係者の方々のご理解とご協力に厚く御礼を申し上げます。尾本名誉教授のご講演の内容の一部は、近年のご著書「ヒトと文明」(ちくま新書 新刊書の案内添付)に載っております。

 尚、大学等で尾本名誉教授のご講演をご希望される場合は、日比NGOネットワーク事務局にご連絡ください。

日比NGOネットワーク事務局
電話:03-3945-2615
メール:jpn@acc21.org
<< 前の記事へ     一覧へ