• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > JPNニュース > バライ・ミンダナオ財団へ第1回送金とマラウィ避難民の現地視察報告

バライ・ミンダナオ財団へ第1回送金とマラウィ避難民の現地視察報告

2017年10月06日

marawi_shisatsu_1.jpg
イリガン市のグマンポング・アリ・カルチャーセンター避難所には大勢の避難民が収容されています。
生活環境が悪化しているため、この避難所は別の場所に移転する予定です。

 日比NGOネットワーク(JPN: Japan-Philippines NGO Network)は、ミンダナオ島カガヤンデオロ市に本部を置くバライ・ミンダナオ財団(BMFI: Balay Mindanaw Foundation Inc.)と連携して、マラウィ市でのイスラム過激派とフィリピン軍との武力衝突で発生した避難民への救援活動を行っています。


■バライ・ミンダナオ財団へ第1回送金とマラゥイ避難民の現地視察


 日比NGOネットワークは、2017年8月31日までに頂きました寄附金105,000円をバライ・ミンダナオ財団に送金いたしました。ご理解とご協力を賜りました皆様方に厚く御礼を申し上げます。また、バライ・ミンダナオ財団より心温める日本の支援者に対して、深い感謝の意が表されました。ご寄附の資金は、食料品ほか生活物資、飲料水、心理教育とトレーニングなどの支援活動に活用させていただきます。日比NGOネットワークのスタッフ)は9月9日から12日までの4日間、バライ・ミンダナオ財団本部があるミンダナオ島カガヤンデオロ市とマラウィ避難民センターがあるラナオ・デル・ノルテ州イリガン市を訪問しました。訪問した避難民センターはカガヤンデオロ市から南西約85キロに位置しています。フィリピン政府とフィリピン軍により、外国人の訪問は制限されていますが、バライ・ミンダナオ財団の協力により避難民センターを視察することが出来ました。視察報告は追ってウェブサイトとフェイスブックに掲載をします。避難民への募金を受け付けています。今後とも、皆さまのご支援・ご寄附をお願い申し上げます。


marawi_shisatsu_2.jpg
グマンポング・アリ・カルチャーセンター避難所の
狭いスペースで遊ぶ子どもたち。
marawi_shisatsu_3.jpg
グマンポング・アリ・カルチャーセンター避難所で
生活している親子
marawi_shisatsu_5.jpg
バライ・ミンダナオ財団本部の建物は、在フィリピン日本大使館の「草の根・人間の安全保障無償資金協力」の資金援助を得て2005年1月に「バライ・ミンダナオ財団平和センター」として完成しました。この建物には、研修所と宿泊施設が併設されミンダナオの平和構築活動などを推進するために活用されています。
marawi_shisatsu_4.jpg
バライ・ミンダナオ財団の倉庫に保管されている
オーストラリアからの支援物資

■ご協力の方法
 下記口座(ゆうちょ銀行)にて、募金を受け付けております。(物品のご寄付は受け付けておりません

  ゆうちょ銀行からのお振込み   他銀行からのお振込み
  口座番号:00140-6-338579
  加入者名:日比NGOネットワーク
  店名(店番):〇一九(ゼロイチキュウ)店(019)  預金種目:当座
  口座番号:0338579  受取人:日比NGOネットワーク
(店名を入れる時、最初にゼロの「セ」を押すと数字が出ます)

※お振込の履歴からはご連絡先の情報を得られない場合があります。お名前、ご住所、お電話番号をJPNまで
    ご連絡ください。(電話:03-3945-2615 Fax:03-3945-2692  メールアドレス:jpn@acc21.org)
※事務局活動費(現地との連絡調整活動費、海外送金手数料、国際通信費を含む)として、最大20%を目安に充当させて
    いただきます。事務局活動費は最小限度といたします。

フィリピン軍と過激派組織「イスラム国」(IS)系武装勢力「マウテグループ」およびバングサモロ・イスラム自由戦闘隊との武力衝突が発生してから4カ月が経過しましたが、40万人以上の住民が自宅から近隣の町に避難しています。2万5千人以上の住民がいまだに避難所で生活をしています。避難所に入れない住民は親戚や友人宅に身を寄せています。これらの人々は安全な飲み水、衣類、医薬品、台所用品、寝具などを特に必要としています。


■「バライ・ミンダナオ財団」(BMFI)について
 「バライ・ミンダナオ財団」(Balay Mindanaw Foundation, Inc. (BMFI))は、主にミンダナオ島で発生する紛争の影響を直接受けているマギンダナオ州、南コタバト州、南スリガオ州、東ミサミス州、ブキドノン州で平和構築活動を行っている団体です。同団体ではこれまでに、2011年の台風「センドン」、2012年の台風「パブロ」、2013年のボホール州地震、台風「ヨランダ」など、大規模災害の被災者支援で実績をもっています。JPNは、2011年にこの団体と連携して被災者支援を行いました。関連ページはこちらを参照:http://jphilnet.org/news/typhoon21/index.php

「バライ・ミンダナオ財団」(BMFI)ホームページ:http://balaymindanaw.org/main/


【問合せ先】
日比NGOネットワーク事務局(担当:高橋/アンガラ)
(特活)アジア・コミュニティ・センター21内
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
TEL: 03-3945-2615    FAX: 03-3945-2692
E-mail: jpn@acc21.org