• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > JPNニュース > 【復興支援】東サマールより進捗報告~水牛プロジェクト~ 

【復興支援】東サマールより進捗報告~水牛プロジェクト~ 

2014年10月09日

 台風30号(ヨランダ)被災者の復興支援として、日比NGOネットワークは、サマール島東サマール州キナプンダン行政区マビニ村(バランガイ*)において、被災者のニーズに応え、田畑の耕作用の水牛(カラバオ)を支援し、住民の生計復興を応援しています。被災地で活動するNGO「西サマール開発財団(WESADEF)」の事務局長からのメッセージと水牛を受けた受益者からお礼状が届きましたので、紹介します。
*バランガイ:フィリピン最小行政単位。

■西サマール開発財団 エマ氏(事務局長)からのメッセージ

水牛があることで、農民の労力が減り、より早く、より広い面積の農地を整備することができ、農業生産の効率を高めることができます。農作物は自家消費用が主流であり、販売できるのは余剰分だけですが、生産効率が高まればより販売することが可能となるでしょう。本活動では、子どもたちも水牛の世話を行い、水牛の扱い方を学ぶとともに、農業における水牛の大切さを肌身で感じる機会となっています。皆様のご支援に感謝します。  



■水牛を受け取った受益者より~お礼状~

nilo pic.png
ニロ・ドセナさんの妻のジーナ・ドセナさんと水牛




ニロ手紙.png
letter from nilo.jpg

Dear Donor
Ako si Nilo E. Docena.
Taos pusong kami, magpapasalamat sa inyong lahat malaking tulong ang binigy ninyo sa amin.
Salamat
Nilo Docena