• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > JPNニュース > 【3月30日FTCJイベント】フィリピンの元児童労働者が来日!講演会のご案内

【3月30日FTCJイベント】フィリピンの元児童労働者が来日!講演会のご案内

2013年03月14日

日比NGOネットワーク(JPN)の参加団体「(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)」のイベントのご案内です。


フィリピンの人身売買の被害を受けた元働く子どもが来日し、
日本の人々に世界の現状を伝えます。



フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)のパートナー団体「プレダ基金」が支援するフィリピンの人身売買の被害にあった元児童労働者をスピーカーとして迎え、人身売買の現状や、被害にあった少女をどのように保護し、社会復帰の手助けしているのか、そして、日本の私たちにどんなことができるのか、を語っていただきます。ぜひご参加ください。

(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ) 関連ページ:http://ftcj.jugem.jp/?eid=724

【日時】 2013年3月30日(日)16時~
【場所】 Wesley Center(東京都港区南青山6-10-11)

        (アクセス:http://www.wesleyfoundationjp.com/jp/access.html
【参加費】 無料


【スピーカー紹介】
◆17歳の少女(プレダ基金スピーカー)
スライド1.JPG 写真をクリックすると拡大されます。
貧困層の家庭出身で、家族を支えるために仕事を探していたところ紹介された仕事がセックスワーカーだった。一度足を踏み入れると逃れることができず、家に戻ることができずにいたが、警察によって救出され、NGOプレダ基金で保護された。現在はプレダ基金からのサポートで学校に通いながらスピーカーとして活躍中。

◆マーリーン・カピオさん(プレダ基金ソーシャルワーカー)
17歳の少女の同伴者として一緒に来日するプレダ基金のソーシャルワーカー。自身も子どもの頃に人身売買の被害にあい、外国人相手に性産業でセックスワーカーとして働かされていた経験があるため、そのような体験を克服した者として、性産業から救出されプレダ基金で保護されている少女たちの社会復帰の手助けをしている。


【申し込み方法】
申し込みは下記のページからお願いします。
https://ws.formzu.net/mfgen/S11261645/


【お問い合わせ】
フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
東京事務所: 〒157-0062東京都世田谷区南烏山6-6-5 3F
TEL&FAX: 03-6321-8948
ウェブサイト: http://www.ftcj.com/




【共催団体紹介】
主催:(一財)ウェスレー・ファウンデーション (Wesley Foundation)
「信仰、希望、愛により行動する」ことは当財団の方針で、国際相互理解の促進や男女共同参画社会を目指す婦人の諸活動の支援などに取り組んでいる。


共催:(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(FTCJ)
1995年に当時12歳のカナダ人のクレイグ少年によって設立されたFree The Childrenの日本支部として1999年から活動を開始。設立者が子どもということもあり、「Kids Can!(子どもだからこそできるんだ)」を合言葉に、日本にいる18歳以下の子どもによる国際協力活動を推進している。