• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > JPNニュース > 【3月11日セミナー】『フィリピンの草の根から学ぶ平和と健康』~フィリピン南部・バシランからの報告~

【3月11日セミナー】『フィリピンの草の根から学ぶ平和と健康』~フィリピン南部・バシランからの報告~

2013年02月16日

 『フィリピンの草の根から学ぶ平和と健康』
平和を作り出す "つなぐリーダーシップ"の実践
~フィリピン南部・バシランからの報告~



WiNG-こどもと共に学ぶ会アジア保健研修所(AHI)、日比NGOネットワーク(JPN)共催によるセミナーのご案内です。

NEXT11の1国に数えられ、経済発展が期待されているフィリピン。7,000もの島々からなるこの国では、人々は第二公用語として英語を話し、キリスト教徒が大多数と、欧米のような一面を持っています。しかし高層ビルが乱立するマニラを離れると、インフラ整備は整わず、貧困に暮らす人々の割合も依然多く、厳しい現状が目立ってきます。そんなフィリピンでも最も貧しい地域といわれる地域はミンダナオ島のムスリム自治区で、紛争が絶えません。

今回はそうした地域で長く活動しているNGO『ミンダナオ平和構築協会(Nagdilaab Foundation,Inc.)』の代表であるデデットさん(本名:Miriam Licera Suacito)を招き、イスラム教徒の女性の現状、デデットさんたちの平和教育活動、住民参加の村づくりの状況などをお話しいただきます。さらに、参加型ワークショップを行い、ともに平和と紛争について考えます。

フィリピンの草の根の活動から、日本にいては想像できない世界の現状を学び、世界の平和と人々の健康の達成のために私達ができることを考えましょう。

AHI_ちらし.pdf

【日時】2013年3月11日(月)15:00~19:00
【場所】日本医療労働会館2階会議室(台東区入谷1-9-5)
    (地図 http://www.irouren.or.jp/jp/map.html
    東京メトロ日比谷線・入谷駅より東へ徒歩3分
    Tel: 03-3785-5871
【参加費】500円(当日徴収、会場代として)

【内容】
1. Miriam Licera Suacito氏(デデットさん)講演
 (イスラムの女性の現状や、デデットさんたちの平和教育活動、住民参加の村づくりの状況など)
2.平和の参加型ワークショップ
3.共催団体の活動紹介


【言語】英語(通訳あり)


【お申込み方法】
以下のフォームよりお申し込みください。当日参加可
https://docs.google.com/forms/d/1J3J63mfgCshLsmcOHOc50GWKZiJzjtYcU-Xn-yv_tXI/viewform

【お問い合わせ】
日比NGOネットワーク(JPN)事務局 担当 西島、アンガラ Eメール:jpn@acc21.org
WiNG こどもと共に学ぶ会 Eメール:working.with.ng.s@gmail.com



【講師紹介】

Deddet.JPGのサムネール画像 デデットさん(Miriam Licera Suacito):
ムスリム自治区バシラン州で活動するNGO「ミンダナオ平和構築協会(Nagdilaab Foundation)」の事務局長。自らはキリスト教徒でありながらイスラム教徒の村で活動。長く紛争解決に携わり、内戦によって受けた心の傷を癒し、宗教や文化の違いを超えて、対話と協力によって平和で健康な生活を手に入れようという住民の取り組みを支える。

紛争解決に向けた住民、行政への働きかけが認められ、フィリピンでノーベル平和賞にノミネートされた経験を持つ。2006年秋AHI国際研修参加。

フィリピン・ミンダナオ地域では長年、独立をかかげたイスラム武装勢力と政府の争いが続いていたが、昨年10月、ついに両者の間で和平合意が成立した。バシラン島はイスラム教徒が多い地域のひとつ。ここではNGOが中心となり、軍や宗教リーダーなど様々な立場の人々が対話する場を設けたり、地域の人たち同士が相互理解と信頼を生み出すための働きかけを続けている。

モモイさん.JPG モモイさん(Momoy Addas Cohombo):
2004年から上記のNGOのスタッフとして、地域づくりを推進すると同時に、地元のイスラム青年リーダーとしても積極的に活動している。10代の頃からイスラム教徒として、またバシラン島に多い民族であるヤカンとしてのアイデンティティを持ちながら、キリスト教徒の人々とどのような関係を作っていけばよいのかを模索。その中で宗教間対話のプログラムに参加したことから、今に至る。









【共催団体紹介】
1. WiNG こどもと共に学ぶ会:http://workingwithnextgeneration.jimdo.com/
国際保健を基礎としながらも、時代、地域、立場、分野にこだわらない発想から世の中をとらえ、共同体としての日本と世界の未来を創造していく医学生を中心とした学生団体。

2.アジア保健研修所:http://ahi-japan.sakura.ne.jp/xcl/
アジア各国の草の根の人びとの健康のために働く人材の育成を目的に1980 年設立されたNGO。2012 年に公益財団法人の認定を受ける。アジア各国の農山村部で地域づくりに取り組むNGO スタッフを主対象に研修活動を展開。毎年秋に、アジア7~8ヶ国から10 数名を研修所(愛知県日進市)に招き、リーダーシップ育成のための研修を実施。講師のデデットさんは2006 年の研修生。

2.日比NGOネットワーク:http://jphilnet.org/
フィリピンの人々との協力活動を行う日本のNGO間の相互理解および協力関係の促進とともに日本とフィリピンのNGO 間の協働を推進し、両国市民社会の創造的な関係構築に寄与するために活動しているネットワーク。