• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > JPNニュース > 【緊急支援】フィリピン台風24号(パブロ)被災者支援:不足する食糧支援

【緊急支援】フィリピン台風24号(パブロ)被災者支援:不足する食糧支援

2012年12月14日


 フィリピン大型台風24号(パブロ)被災者支援募金活動は終了しました。多大なるご協力に感謝申し上げます。

food4.jpg高速道路をふさいだ住民たち
(カティール市(ミュニシパリティ)) MindaNews.comより
写真をクリックすると拡大されます。
「フィリピン国家災害リスク災害管理委員会」の14日午前7時の発表では、死者数906人、行方不明者932人、負傷者2,660人、総被災者5,516,181人(537,445世帯)、総避難者数はいまだ854,984人(202,068世帯)で、被災地域は32州の301の市・町に及んでいます。政府、非政府組織(NGO)が協力して支援活動を続けていますが、あまりに甚大で広範囲にわたる被災状況に対し、支援は足りていません。

 東ダバオ州カティール市では、人口33,109人(2010年5月現在)のうち147人の死亡(12月11日)が確認されました。この町では、12月4日を最後に、1週間近く食糧の配給を受けなかった住民たち約100人が、12月11日に、支援物資を運ぶトラックが通る高速道路を封鎖し、即座の食糧配給を訴えました。彼らは台風襲来の日の12月4日(木)に米2キロ、サバの缶詰2個、ラーメン2袋の食糧配給を最後に、その後の支援を受けていませんでした。子どもが多いフィリピンの家族にとって米2キロは1回の食事にも足りません。道路際には「助けてください。食べ物、薬、テントが必要です。」と書いた立て看板を置き、人々は支援を訴えています。

 食糧の次の課題はシェルター(住まい)です。行く場のない被災民は、雨、そして暑さから身を守るために、瓦礫の中からトタン板を集めて道路際に小屋を立て、仮住まいをしています。

img_4480.jpgヤシの木畑の被災 (バンガンガ市(ミュニシパリティ))
MindaNews.comより。写真をクリックすると拡大されます。
 さらに、今回の台風24号(パブロ)は、生計の手段を完全に破壊しました。カティールの人々の主なる収入源は、椰子の木から生み出されるものですが、今や倒木した椰子の木は、山の中腹に箸がまき散らされたかのように散在しています。20年かかって育てた300本の椰子の木を台風で失ったアルセニオ・フェルナンデスさん(65歳)は、「しばらくは根菜類やバナナなどを植えて食べていくしかない」と話しています。

 町のお年寄りによると、カティールを襲った最後の台風は1912年だったとのこと。町の中心部は瓦礫の山となっており、支援活動を続けるネスター・モラタ神父は、「町は完全に破壊され、人々は生活の基盤を失いました。住民全員が貧困者となってしまいました。長期的な支援が必要です。」と訴えています。

情報源:MindaNewsより
Desperate resident set up barricade, stop trucks to get relief goods (英語)
In Cateel, "kami tanan diri napobre, puros mi pobre"(英語)

※最新情報(JPNニュース一覧)
2012年12月30日 【緊急支援】フィリピン台風24号(パブロ)被災者支援:生まれる助け合い~紛争の被害者から台風の被災者へ
2012年12月30日 【緊急支援】フィリピン台風24号(パブロ)被災者支援:MINCODEへ第1弾送金
2012年12月21日 【緊急支援】フィリピン台風24号(パブロ)被災者支援:死者数が1,000人を超える

※過去の情報(JPNニュース一覧)
2012年12月10日 【緊急支援】フィリピン台風24号(パブロ)被災者支援:500万人を超える
2012年12月07日 【緊急支援】フィリピン台風24号(パブロ)被災者支援:最新情報12/7
2012年12月06日 【緊急支援】フィリピン大型台風24号(パブロ)被災者支援:活動開始


tabang kami.jpg「助けてください(TABANG KAMI)」と支援を訴える子ども達。Statigramより。 写真をクリックすると拡大されます。
■日比NGOネットワークの支援活動について
 「日比NGOネットワーク(JPN)」は、現地カウンターパートナー団体と協力を得て、フィリピン台風24号被災者支援のための募金活動を行っています。お寄せいただいた寄付金は、ミンダナオ島のNGOのネットワーク組織「ミンダナオNGOネットワーク連合」(MINCODE)を通して、被災者に届けられます。

【対象】
主に東ダバオ州(ダバオ・オリエンタル)、北部ダバオ州(ダバオ・デル・ノルテ)、コンポステラ・バレー州

【支援内容】
食糧、飲料水、衣服、生活用品の提供等


MINCODEについて
http://www.mincode.org/home.html
MINCODEはミンダナオ島にある12のNGOのネットワーク組織の連合組織であり、ミンダナオ島に住む人々が、公平で平和、そして多様な文化が尊重され、豊かな自然資源を大切に活用し、創造主と調和のとれた関係のうちに生きるミンダナオ社会の創造を目指しています。


※支援活動の結果は追ってご報告いたします。
※20%(現地との連絡調整活動費、海外送金手数料、国際通信費を含む)を目安に事務局活動費に充当させていただきます。

※ お振込の履歴からはご連絡の情報を得ることができない場合があります。ご寄付をお送りくださり、領収書をお受け取りでない方でご希望の方は、お名前、ご住所、お電話番号をACC21までご連絡くださいますようお願い申し上げます。
電話:03-3945-2615 Fax:03-3945-2692  メールアドレス:jpn@acc21.org


【情報源、その他関連サイト】

【日比NGOネットワークについて】
日比NGOネットワーク(JPN)はフィリピンに関わる国際協力を行う25団体で構成されています。
ウェブサイト:http://jphilnet.org/about/

【問合せ先】
日比NGOネットワーク事務局(西島、アンガラ)
(特活)アジア・コミュニティ・センター21内
〒113-8642 東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館1F
TEL: 03-3945-2615    FAX: 03-3945-2692
E-mail: jpn@acc21.org