• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

団体名
(特活)アイキャン
よみ
あいきゃん
英語表記
International Children's Action Netowork
略称
ICAN

1.概要、2.フィリピン支部・駐在員事務所、3.フィリピンに関わる事業、4.フィリピンでのパートナー団体
※該当する内容がない項目は表示していません。

1.概要

組織の目的
「『できること』を実践する人(=アイキャンな人)」を増やし、その一人ひとりの「できること」を持ち寄ることによって、世界中の子どもたちが享受できる平和な社会を築くこと。
<SDGs達成に向けた具体的な目標>
ゴール1「貧困をなくそう」など他多数の目標達成のため、貧困、紛争、災害等の危機的状況下にある子どもたちの生活改善を図る
所在地
〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-5-4 矢場町パークビル9階
TEL
052-253-7299
FAX
052-253-7299
Email
info@ican.or.jp
URL
https://ican.or.jp/
設立年
1994年
代表者
直井 恵  代表理事
スタッフ数
有給専従  11名
有給非専従  4名
無給非専従  100名
会員数
正会員(個人)  18名
維持・賛助会員(個人)  64名
2019年度支出総額
241,064,143円
(内フィリピン関連:21,701,756円)
フィリピン関連事業の主な収入源
自主事業(フェアトレード等)、寄付、助成・補助金、自治体助成・補助金、民間助成、政府委託事業、民間委託事業
フィリピン関連事業で得た日本のODA
外務省NGO連携無償、ジャパンプラットフォーム緊急人道支援事業等
団体の活動への参加方法
正会員、賛助会員、寄付、ボランティア受け入れ、インターン受け入れ

2.フィリピン支部・駐在員事務所

団体名
International Children's Action Network Foundation, Philippines
所在地
非公開
開設年
1994年
代表者
福田 浩之 
政府機関への登録
SEC(証券取引委員会)
スタッフ数
日本人  1名

3.フィリピンに関わる事業

事業実施地
マニラ首都圏(NCR)、カラバルソン地方(Region4-A)、北部ミンダナオ地方 (Region10)、ソクサージェン地方 (Region12)、日本国内(在日比人支援事業など。ただし、一般的な広報啓発活動を除く)

事業対象分野
都市(スラム)開発・住居、小規模・地域産業、教育、職業訓練、保健医療、食料・飢餓、自然災害、植林・森林の保全、環境教育、民主主義・グッドガバナンス、文化保存、平和構築、人権全般、ジェンダー
事業対象者
避難民、女性、子ども・青少年、スラム居住者、農民、少数民族、自然災害被災者
事業形態
資金供与、物資・機材供与、ボランティア派遣、研修の受け入れ、日本国内での啓発、日本国内での提言活動、フェアトレード・民衆交易、緊急救援、調査研究、ネットワーキング
事業例
(フィリピン)
・路上の子どもたちの事業
・紛争地の子どもたちの事業
・ゴミ処分場の子どもたちの事業
・先住民族の子どもたちの事業

(日本)
・国際理解教育事業
・フェアトレード事業
・スタディツアー・海外研修事業
・NGO外務省連携推進事業
フィリピン事業を始めたきっかけ
設立者がフィリピンに渡航したことがきっかけ

4.フィリピンでのパートナー団体

現在のパートナー団体
教育省(中央省庁)、社会福祉開発省(中央省庁)、Aroma daycare centers(地方自治体)、Sikap Pangkabuhayan ng mga Nanay sa Payatas (SPNP)(PO:住民組織)、Payatas Integrated Cooperative Operation (PICO)(PO:住民組織)