• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

団体名
(特活)アジア女性自立プロジェクト
よみ
あじあじょせいじりつぷろじぇくと
英語表記
Asian Women's Empowerment Project
略称
AWEP

1.概要、2.フィリピン支部・駐在員事務所、3.フィリピンに関わる事業、4.フィリピンでのパートナー団体
※該当する内容がない項目は表示していません。

1.概要

組織の目的
女性の母国での就業協力(仕事づくり)と日本社会への問題提起を行うことで、アジアの女性たちが暴力や搾取を受けることなく、自らの人生に尊厳を持ち、主体的に生きることのできる社会の創造を目指す。
<SDGs達成に向けた具体的な目標>
目標5「ジェンダー」 当団体が関係するアジア地域の女性たちの経済的自立を達成する。
所在地
〒653-0052 兵庫県神戸市長田区海運町3-3-8
TEL
078-734-3633
FAX
078-734-3633
Email
awep@tcc117.jp
URL
https://tcc117.jp/awep/
設立年
1994年
代表者
奈良雅美、代表理事
スタッフ数
有給非専従  3名
会員数
正会員(個人)  21名
維持・賛助会員(個人)  53名
維持・賛助会員(団体)  2団体
2020年度支出総額
2,757,304円
(内フィリピン関連:608,596円)
フィリピン関連事業の主な収入源
会費、自主事業(フェアトレード製品販売)、個人寄付
団体の活動への参加方法
正会員、賛助会員、寄付、ボランティア受け入れ、インターン受け入れ

3.フィリピンに関わる事業

事業実施地
マニラ首都圏(NCR)
事業対象分野
ジェンダー、在日フィリピン人支援、フェアトレード、JFC(ジャパニーズ・フィリピノ・チルドレン)を育てる母親の仕事づくり支援
事業対象者
女性
事業形態
日本国内での啓発、日本国内での提言運動、フェアトレード・民衆交易、調査研究、ネットワーキング
事業例
(フィリピン)
フェアトレード製品の企画と購入(毎年)
(日本)
フェアトレード製品の販売(毎年)、在日外国人女性に向けての情報発信と相談活動(毎年)
フィリピン事業を始めたきっかけ
1994年、神戸でフィリピン人女性の仕事作りに協力することで、アジアの女性の地位の向上、人権の確立の解決に向けて活動を始めた。1995年に起こった阪神淡路大震災をきっかけに、国内在住外国人女性支援として活動の範囲を広げた。

4.フィリピンでのパートナー団体

現在のパートナー団体
Lampara House (その他)