• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

団体名
(特活)LOOB JAPAN
よみ
ろおぶじゃぱん
英語表記
Love Our Own Brethren Inc.
略称
LOOB
JPNメンバー
JPNメンバー

1.概要、2.フィリピン支部・駐在員事務所、3.フィリピンに関わる事業、4.フィリピンでのパートナー団体
※該当する内容がない項目は表示していません。

1.概要

組織の目的
文化的かつ教育的な国際交流プログラムを通じ、国籍、年齢、性別、肌の色、信条を超えて、相互理解を深め、互いに成長することを目指す。またコミュニティ開発、社会活動、自立支援などの国際協力プログラムを通じ、参加メンバーの奉仕精神を育て、地域の発展に寄与することを目指す。
<SDGs達成に向けた具体的な目標>
目標4.質の高い教育の達成のため、フィリピン・イロイロ市の教育からのドロップアウト児童をゼロにします。
所在地
〒103-0014 中央区日本橋蛎殻町1-24-4
TEL
050-5899‐2282
Email
info@loobinc.com
URL
https://www.loobinc.com/
設立年
2001年
代表者
小林幸恵  代表理事
スタッフ数
有給専従  5名
有給非専従  1名
無給専従  4名
無給非専従  1名
会員数
正会員(個人)  15名
維持・賛助会員(個人)  115名
2019年度支出総額
12,249,508円
(内フィリピン関連:11,000,000円)
フィリピン関連事業の主な収入源
会費、自主事業(スタディツアー・研修事業)、民間助成金(財団、公益信託等)
フィリピン関連事業で得た日本のODA
世界の人々のためのJICA基金(2017年度)
団体の活動への参加方法
正会員、賛助会員、寄付、ボランティア受け入れ、インターン受け入れ、その他(オンライン・ボランティア)

2.フィリピン支部・駐在員事務所

団体名
Love Our Own Brethren (LOOB) Inc.
所在地
Lot23 Block15 NHA2 Mandurriao, Iloilo city 5000, Philippines
TEL
+63-33-321-2040
FAX
+63-33-321-2040
開設年
2001年
代表者
John Horatius G. Loot, Chairman of the Board
政府機関への登録
SEC(証券取引委員会)
スタッフ数
日本人  4名
フィリピン人  9名

3.フィリピンに関わる事業

事業実施地
西部ビサヤ地方(Region6)
事業対象分野
都市(スラム)開発・住居、小規模・地域産業、教育、保健医療、環境教育、平和構築
事業対象者
女性、子ども・青少年、スラム居住者
事業形態
資金供与、ボランティア派遣、研修の受け入れ、日本国内での啓発、フェアトレード・民衆交易、緊急救援
事業例
(フィリピン)
国際理解・青少年育成事業: ワークキャンプ、SDGs研修、ボランティア研修
子ども達への教育支援: 就学支援およびノンフォーマル教育
地域協力・国際協力事業: 都市貧困地区での生計支援およびフェアトレード
ソーシャルビジネス: 株式会社すららネットとの共同事業

(日本)
クラウドファンディング等のファンドレイジングと広報活動
フィリピン現地の研修プログラムに関する説明会開催
フェアトレード製品販売とエシカル講座開催
大学生インターン(1年間)の受入れ
フィリピン事業を始めたきっかけ
現代表が大学在学中の1995年にYMCAのフィリピンワークキャンプに参加。その経験から青少年の健全な成長が世界から貧困と戦争を減らす最良の手段と信じ、1998年にマニラに単身渡航した後、NGOや日系企業での経験を経て、2001年春にフィリピン・イロイロ市でNGO LOOB Inc.を設立した。

4.フィリピンでのパートナー団体

現在のパートナー団体
株式会社すららネット(企業)、株式会社With the World
(企業)、フィリピン教育省イロイロ市教育委員会(地方自治体)、ウェストリサイクラー組合(PO(住民組織))、国立フィリピン大学(学校)