• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

団体名
(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
よみ
ふりーざちるどれんじゃぱん
英語表記
Free The Children Japan
略称
FTCJ

1.概要、2.フィリピン支部・駐在員事務所、3.フィリピンに関わる事業、4.フィリピンでのパートナー団体
※該当する内容がない項目は表示していません。

1.概要

組織の目的
1.国内外の貧困や差別から子どもをFreeに(解放)する
2.「子どもには世界を変えられない」という考えから子どもをFreeに(解放)する。
<SDGs達成に向けた具体的な目標>
貧困により権利が守られていない人々の自立支援:SDGsゴール1~6、8
日本の子どもが人権や貧困問題、共生社会、平和や非暴力、環境問題などの社会課題に向き合い、地球市民としてアクション、変化を起こすための応援:SDGsゴール10、16

所在地
〒157-0063 東京都世田谷区南烏山6-6-5 3F
TEL
03-6321-8948
FAX
03-6321-8948
Email
info@ftcj.org
URL
http://www.ftcj.org/
設立年
1999年
代表者
中島早苗  代表理事
スタッフ数
有給専従  4名
有給非専従  6名
無給専従  1名
無給非専従  2名
会員数
正会員(個人)  45名
維持・賛助会員(個人)  120名
維持・賛助会員(団体)  5団体
2019年度支出総額
43,587,072円
(内フィリピン関連:6,320,000円)
フィリピン関連事業の主な収入源
自主事業(スタディーツアー)、寄付、民間助成
団体の活動への参加方法
正会員、賛助会員、寄付、ボランティア受け入れ、インターン受け入れ

3.フィリピンに関わる事業

事業実施地
マニラ首都圏(NCR)、中部ルソン地方(Region3)、ダバオ地方(Region11)
事業対象分野
農村開発、都市(スラム)開発・住居、教育、職業訓練、保健医療、給水・水資源、食料・飢餓、自然災害
事業対象者
避難民、女性、子ども・青少年、スラム居住者、少数民族、障がい者
事業形態
資金供与、物資・機材供与、ボランティア派遣、日本国内での啓発・提言活動、フェアトレード・民衆交易、緊急救援
事業例
(フィリピン)
・性的虐待を受けたフィリピンの少女への教育、自立支援
・先住民族の子どもへの教育支援事業
・フィリピン障害者自立支援事業
・フェアトレードを通じたフィリピンの貧困層への生計維持支援事業

(日本)
・フィリピンの児童労働についての啓発活動
・フィリピンの貧困のなかで生きる子どもが直面する問題についての啓発活動
フィリピン事業を始めたきっかけ
1999年当時、日本人観光客によるフィリピンへの児童買春問題が大きな社会問題の一つとなっていたため。

4.フィリピンでのパートナー団体

現在のパートナー団体
PREDA FOUNDATION (現地NGO)、KPACIO (現地NGO)、Philippines Bind Union (現地NGO)