• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

団体名
特定非営利活動法人ビラーンの医療と自立を支える会
よみ
びらーんのいりょうとじりつをささえるかい
英語表記
Health Assistance and Neighborhood Development Support, Inc.
略称
HANDS
JPNメンバー
JPNメンバー

1.概要、2.フィリピン支部・駐在員事務所、3.フィリピンに関わる事業、4.フィリピンでのパートナー団体
※該当する内容がない項目は表示していません。

1.概要

組織の目的
貧困、被差別から脱して民族のアイデンティティー保持、経済的自立を目指すフィリピン・ミンダナオ島の先住民族を、医療保健・教育・農村開発・環境保全・女性自立などの事業実施を通じて支え、国内的には広報啓発活動を通じて多文化共生の社会実現に寄与することを目指す。
所在地
〒227-0033  神奈川県横浜市青葉区鴨志田町516番地11
TEL
045-500-9151
FAX
045-500-9151
Email
hands-mindanao@nifty.com
URL
http://homepage3.nifty.com/hands/
設立年
1996年
最新の法人格取得年
2000年  
代表者
山﨑登美子  理事長
スタッフ数
有給非専従  3名
無給専従  1名
会員数
正会員(個人)  51名
正会員(団体)  1団体
維持・賛助会員(個人)  279名
2014年度支出総額
15,553,000円
(内フィリピン関連:14,236,000円)
フィリピン関連事業の主な収入源
会費、寄付、民間助成
団体の活動への参加方法
正会員、賛助会員、寄付、ボランティア受け入れ

3.フィリピンに関わる事業

事業実施地
ソクサージェン地方(Region12)
事業対象分野
農村開発、教育、保健医療、給水・水資源、植林・森林の保全、文化保存
事業対象者
女性、子ども・青少年、農民、少数民族
事業形態
資金供与、物資・機材供与、フェアトレード・民衆交易
事業例
(フィリピン)
・約80名の奨学金支給と先住民族学校の給食や運営支援
・山岳部先住民族の村約30を対象とする巡回診療と患者支援
・ダグマ山系先住民族の村における持続可能な森林農業実施(60ha/年)
・簡易水道建設や保健ボランティア育成など保健衛生改善事業

(日本)
・地域での年4回の活動報告会開催
・各種NGOイベント参加によるミンダナオの現状と課題の広報啓発活動
・イベントでの現地工芸品販売による先住民族女性の収入向上支援
・季刊のニュースレター及びホームページ更新による広報活動
フィリピン事業を始めたきっかけ
現代表が、1986年、新聞でミンダナオ島の熱帯林破壊と森の住民ティボリ民族の苦境を知り、教育里親の会に属して1988年に現地を訪ね、植林や収入向上などの支援事業の企画、実施を手伝う。1996年周辺の先住民族、特にビラーンが、農業、鉱業資本の進出で先祖伝来の土地喪失の危機にあることを知り、その医療と自立を支える会を設立。

4.フィリピンでのパートナー団体

現在のパートナー団体
Catholic Mission to the Indigenus People (現地NGO)、Partners for First Peoples Foundation, Inc.(現地NGO)、Pasasambao Integrated Health Service, Inc. (現地NGO)、Cooperative of Women in Health and Development (PO:住民組織)、Bolul Sustainable Development Association(PO:住民組織)