• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

団体名
特定非営利活動法人ハロハロ
よみ
はろはろ
英語表記
NPO HALOHALO

1.概要、2.フィリピン支部・駐在員事務所、3.フィリピンに関わる事業、4.フィリピンでのパートナー団体
※該当する内容がない項目は表示していません。

1.概要

組織の目的
世界のだれもが自分らしく働き生きることのできる社会を目指し、フィリピンの貧困地域に生活する人々とのパートナーシップにのっとり、持続可能なシゴトの場を広げています。また豊かさを共有できるライフスタイルを世界に広げます。
所在地
〒164-0002 東京都中野区上高田3-1-3 野田ビル3F
TEL
03-6312-7043
FAX
03-6312-7043
Email
info@npohalohalo.org
URL
www.npohalohalo.org
設立年
2008年
最新の法人格取得年
2012年  特定非営利活動法人
代表者
成瀬 悠  理事長
スタッフ数
有給非専従  2名
無給専従  1名
無給非専従  10名
会員数
正会員(個人)  10名
正会員(団体)  1団体
維持・賛助会員(個人)  40名
2014年度支出総額
5,307,732円
(内フィリピン関連:4,211,427円)
フィリピン関連事業の主な収入源
会費、自主事業(映画製作上映、スタディツアー、フェアトレード)、寄付、助成・補助金
団体の活動への参加方法
正会員、賛助会員、寄付、ボランティア受け入れ、インタ0ン受入れ、その他(催事の参加者として受入れ)

3.フィリピンに関わる事業

事業実施地
マニラ首都圏(NCR)、西部ビサヤ地方(Region6)、中部ビサヤ地方(Region7)
事業対象分野
農村開発、農業、漁業、小規模・地域産業、零細企業・露天業、教育、職業訓練、マイクロファイナンス、自然災害、環境教育、人権全般、ジェンダー
事業対象者
女性、子ども・青少年、スラム居住者、農民、漁民、自然災害被災者
事業形態
資金供与、物資・機材供与、日本国内での啓発、フェアトレード・民衆交易、緊急救援、調査研究、ネットワーキング
事業例
(フィリピン)
・廃材を活用したバッグやポーチなどのモノづくり
・漁師を中心としたコミュニティローンの運営
・セブ、マニラ事業地域でのスタディツアー
・事業地域世帯調査

(日本)
・映画『フェアトレードボーイ』第1弾第2弾の製作と上映
・フェアトレード交流会~大人のためのライフトークサロン~
・フェアトレード品の販売、委託卸、催事出展
・フェアトレード、フィリピン、コミュニティデベロップメントをテーマにしたワークショップや講演会
フィリピン事業を始めたきっかけ
社会貢献事業とフェアトレード(廃材を活用した物づくりとそのマーケット開拓)への関心から。

4.フィリピンでのパートナー団体

現在のパートナー団体
Paaralang Pantao(住民組織)、Samakabai(住民組織)、Tulay sa Kinabuhi(その他)、NGO IKAW AKO(日本のNGO)