• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

団体名
特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン
よみ
ちゃいるど・ふぁんど・じゃぱん
英語表記
ChildFund Japan

1.概要、2.フィリピン支部・駐在員事務所、3.フィリピンに関わる事業、4.フィリピンでのパートナー団体
※該当する内容がない項目は表示していません。

1.概要

組織の目的
チャイルド・ファンド・ジャパンは、以下に掲げるビジョン(目標)、ミッション(使命)に基づいて活動しています。
ビジョン(目標):「すべての子どもに開かれた未来を約束する国際社会の形成」
ミッション(使命):「生かし生かされる国際協力を通じて子どもの権利を守る」
(2005年より「認定特定非営利活動法人」として認定されています)
所在地
〒167-0041 東京都杉並区善福寺2-17-5
TEL
03-3399-8123
FAX
03-3399-0730
Email
childfund@childfund.or.jp
URL
http://www.childfund.or.jp/
設立年
1975年
最新の法人格取得年
2005年  (2009年より「認定特定非営利活動法人」として認定)
代表者
髙田 和彦  理事長
スタッフ数
有給専従  17名
有給非専従  1名
会員数
正会員(個人)  18名
2014年度支出総額
291,058,801円
(内フィリピン関連:135,726,724円)
フィリピン関連事業の主な収入源
会費、寄付
フィリピン関連事業で得た日本のODA
過去の事例 外務省草の根・人間の安全保障無償資金協力(フィリピン事務所に対して)
団体の活動への参加方法
正会員、寄付、ボランティア受け入れ、インターン受け入れ

2.フィリピン支部・駐在員事務所

団体名
ChildFund Japan Philippine Office
所在地
Rm. 701 Metropolitan Tower, 1746 A, Mabini St., Malate, Manila
TEL
+63-2-521-3363
FAX
+63-2-525-7215
開設年
2006年
代表者
Ms. Maria Regina M. Munsayac, Country Director
政府機関への登録
SEC(証券取引委員会)
スタッフ数
フィリピン人  11名

3.フィリピンに関わる事業

事業実施地
コルディリェラ行政地域(CAR)、カガヤンバレー地方(Region2)、中部ルソン地方(Region3)、カラバルソン地方(Region4-A)、ビコール地方(Region5)、西部ビサヤ地方(Region6)、東部ビサヤ地方(Region8)、北部ミンダナオ地方(Region10)、ダバオ地方(Region11)、ソクサージェン地方(Region12)
事業対象分野
農村開発、都市(スラム)開発・住居、小規模・地域産業、零細企業・露天業、適正技術、教育、職業訓練、保健医療、給水・水資源、マイクロファイナンス、食料・飢餓、自然災害、植林・森林の保全、環境教育、平和構築、人権全般
事業対象者
女性、子ども・青少年、スラム居住者、農民、漁民、少数民族、自然災害被災者
事業形態
資金供与、日本国内での啓発、日本国内での提言活動、緊急救援
事業例
(フィリピン)
・スポンサーシップ・プログラム
・みんなで守る子どもの権利プロジェクト
・フィリピン台風緊急・復興支援
・協同組合強化支援プロジェクト
(日本)
・「Free~子どもへの暴力のない世界を目指して」キャンペーン
・子ども虐待防止世界会議名古屋2014年での子ども達が語る暴力と搾取のない世界の発表
・第3回国連防災世界会議のIgnite Stagedeでのフィリピンの取り組み事例の発表
フィリピン事業を始めたきっかけ
米国に本部を置くChristian Children's Fundが20年近くに亘った日本の子どもたちへのスポンサーシップ支援を1975年に終結。支援の恩返しとして、開発途上国の子どもたちへスポンサーシップ事業を行う国際精神里親運動部(チャイルド・ファンド・ジャパンの前身)を設置し、事業を開始した。フィリピンを選定したのは、日本が戦争で迷惑をかけたアジアの国の一つであり、とりわけ支援を必要としていることが一番の大きな理由である。また、英語によるコミュニケーションが比較的容易であり、往来の便という円滑な事業実施上の付帯的条件も勘案した。

4.フィリピンでのパートナー団体

現在のパートナー団体
Janiuay Calvario Community Center (現地NGO)、Magdalena Human Development Foundation (宗教団体)、Notre Dame Business Resource Center Foundation
(NDBRCFI)(学校)、Xavier University, Ateneo de Cagayan(学校)、Mindanao Resource Institute for Community Empowerment(現地NGO)