• ホーム
  • 日比NGOネットワーク(JPN)とは
  • 比日NGOパートナーシップ(PJP)とは
  • フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー
  • 企業のCSR情報
  • JPNニュース
  • フィリピン情報リンク集(政府・学術・観光情報ほか)
  • ご参加の方法
  • お問い合わせ・アクセス
  • 緊急支援
HOME > フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

フィリピンに関わる日本のNGOダイレクトリー

団体名
(公財)オイスカ
よみ
おいすか
英語表記
OISCA Japan
略称
OISCA

1.概要、2.フィリピン支部・駐在員事務所、3.フィリピンに関わる事業、4.フィリピンでのパートナー団体
※該当する内容がない項目は表示していません。

1.概要

組織の目的
「すべての人々がさまざまな違いを乗り越えて共存し、地球上のあらゆる生命の基盤を守り育てようとする世界」の実現を目指す。
<SDGs達成に向けた具体的な目標>
環境保全事業、農業研修、環境教育等の分野で以下のSDGsに関連した活動を推進中。 具体的な数値目標等は、2021年度中に発表予定。
ゴール15. 陸の豊かさも守ろう
ゴール14. 海の豊かさを守ろう
ゴール1. 貧困をなくそう
ゴール2. 飢餓をゼロに
所在地
〒163-0063 東京都杉並区和泉2-17-5
TEL
03-3322-5161
FAX
03-3322-7111
Email
oisca@oisca.org
URL
http://oisca.org/
設立年
1969年
代表者
中野悦子  理事長
スタッフ数
有給専従  82名
会員数
維持・賛助会員(個人)  2,668名
維持・賛助会員(団体)  1,479団体
2020年度支出総額
752,199,836円
フィリピン関連事業の主な収入源
自主事業、個人寄付、企業寄付、民間助成金(財団、公益信託等)、政府助成・補助金、政府委託事業
団体の活動への参加方法
賛助会員、寄付、ボランティア受入れ、インターン受け入れ

2.フィリピン支部・駐在員事務所

団体名
OISCA Philippines
所在地
No.8, Fernsville St. White Plains, Quezon City
TEL
63-2-441-5427
FAX
63-2-441-5427
開設年
1967年
代表者
Ms. Maribeth N. Reboton, Director, Manila Office
政府機関への登録
SEC(証券取引委員会)
スタッフ数
日本人  3名
フィリピン人  20名

3.フィリピンに関わる事業

事業実施地
マニラ首都圏(NCR)、イロコス地方(Region1)、中部ルソン地方(Region3)、ビコール地方(Region5)、西部ビサヤ地方(Region6)、東部ビサヤ地方(Region8)、ダバオ地方(Region11)、日本国内(在日フィリピン人支援事業など。ただし、一般的な広報啓発活動を除く。)
事業対象分野
農村開発、農業、小規模・地域産業、自然災害、植林・森林の保全、生物多様性、環境教育
事業対象者
女性、子ども・青少年、農民、自然災害被災者
事業形態
物資・機材供与、ボランティア派遣、研修の受け入れ、日本国内での啓発、日本国内での提言活動、緊急救援、調査研究
事業例
(フィリピン)
養蚕普及事業(ネグロス):零細農民の桑栽培・カイコ飼育支援、蚕種製造等
「子供の森」計画(全土);緑化しながら進める学校単位の体験型環境教育プログラム
マングローブ植林プロジェクト:ビコール地方北カマリネス州
森林保全プロジェクト:ヌエバビスカヤ州、アブラ州


(日本)
フィリピンの活動の啓発活動
フィリピンの若者を招聘しての人材育成活動

4.フィリピンでのパートナー団体

現在のパートナー団体
OISCA Technical Trainee Almni Association (現地NGO)、Negros Occidental Provincial Government(地方自治体)、Abral Provincial Government(地方自治体)、Department of Environment and Natural Resorce (現地NGO)、Bago City, Negros Occidental(地方自治体)